企業理念

強力なインターネットサーバソフトウェアで社会基盤構築へ貢献

インターネットは、 今や必要不可欠の社会インフラとしてビジネス・生活の場に浸透しました。 安定したサービスを維持するためにはハードウェアだけでなく、 それを支えるサーバソフトウェアが重要な役割を果たします。

オムニサイソフトウエアは「ユーザへのサービスを陰から支える」インフラ系ソフトウェアの開発を事業領域としています。

日本発の世界に通用するインフラ系ソフトウェアを開発し、 また、 理系離れが言われる昨今、 自身で「何を作れば自分も世界も幸せになれるか」を考えられる、 真のソフトウェア・エンジニアを育てることで、 社会に貢献することをミッションとしています。

World Wide に展開するクラウド基盤の開発

ユーザは通信基盤の進歩とクラウドコンピューティングの概念により、 自ら設備を持つことなく、いつでもどこでも、 自由に必要なサービスを受けられるようになってきました。 しかし、 実際にはこういったサービスを提供するためには、 クラウドの基盤層 (クラウドサービスのためのインフラ) が必要です。

近年の様々な仮想化技術の進歩により、 柔軟な構成変更やニーズにあわせたセキュリティの確保が可能になりました。 しかし、 これらをまとめてクラウド基盤層を構築するのはそれほど簡単ではありません。 サーバやネットワークの仮想化といった要素技術を使いこなし、 全体を管理できるようにするためには、 アプリケーションソフトウェアの知識のみでは不可能で、 オペレーティングシステムやハードウェアの知識が必要となります。 逆に言えば、基盤層でこれら専門技術を駆使してこそ、 サービス提供者 (アプリケーション作成者) はユーザに価値あるサービスを提供でき、 ユーザは自由に必要なコンピューティングリソースを使うことができるわけです。

オムニサイソフトウエアは、 従来のソフトウェア製品の開発に加え、 設立以来、 ネットワーク監視・メールサーバ・メール配信などの分野で培ってきたサーバソフトウェアのノウハウを投入し、 World Wide に展開できるようなクラウド基盤を作っていくことを目標としています。









   株式会社オムニサイソフトウエア

   代表取締役社長 藤原敏樹

Copyright (c) 1999-2011 Omnisci Software, Inc. All Rights Reserved. ※ このサイトはグラフィ CMS で作成されています